無類の蟹好きです!

私も家族も無類の蟹好きですので、蟹通販をよく利用しています。
ですが、気をつけなければならないこともあります。
j43yer (15)
通販ではさまざまと確認が大切ですが、中でもどのくらいの量が届くのかはしっかり確認しておきましょう。
購入者を欺こうとする悪質な業者もいるのです。また、はじめての人は蟹の解凍でも失敗しやすいです。生鮮食品の解凍は難しいものです。解凍の際には急がず、十分慎重におこなうことが大切です。

よくある失敗は、解凍を急ぎすぎて肝心の旨みが抜けてしまうことです。ここ2、3年、ネットやテレビのかに通販のお世話になって、買って食べるのが普通と当たり前のように考えています。

それはどうしてかというと、今はインターネット通販(近頃では、携帯電話からでも可能ですよね。

時にはお買い得なこともあります)やテレビショッピングが充実していて、全国の水産業者から直に購入できるためです。
産地直送の生のかにを通販で簡単に買えるようになったので、家族からかにのリクエストがあっ立ときはちょっと待ってもらって、おみせで買うのではなくかに通販で決まり、と思っています。これからの時期が最も美味しい蟹。旬の蟹を最も楽しめる食べ方は、素材の旨みが味わえる「塩ゆで」、そして冬に嬉しい「蟹鍋」の二つです。大の蟹好きである私もはっきり沿う思います。

新鮮な蟹なら蟹しゃぶや刺身もいいですが、漁獲地のおみせで出される場合など、きわめて新鮮でないと美味しくありません。

蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。それならそこまで新鮮ではない蟹でも美味しく頂くことができます。
この食べ方なら、もし味に物足りなさを感じ立としても土佐酢や柚子胡椒など、付けダレを変えればイロイロな味わいを楽しめるので飽きがありません。蟹通販を利用する上で気になる点はなんでしょうか。

それは、生鮮食品ですから鮮度をしっかり確認すること、また値段や量の確認、最後に、送料を気にすることです。

「送料を笑う者は送料に泣く」ともいえるでしょう。
j43yer (17)
蟹を新鮮なまま送るのは大変だというのもあって、普通の宅配便より大幅に高い送料が設定されている場合もあります。
説明を必ずよく読むようにしましょう。

送料無料のところもあるので、蟹の質が良ければ断然そこを選びたいですね。しかし、一般的には送料無料であっても、北海道や離島など、一部の地域のお客様のみ送料が掛かる場合もあります。
かにのお歳暮、もらった方は喜ぶでしょう。

かにを買うときには、最後まで気を抜かないで下さい。それはただ一つ、品数が豊富であればあるほど、自分でかにを選ぶ手間を惜しまないことです。

かにの選び方に自信がないためですが、自分が選ぶよりましだろうと決め込んでいると、鮮度の落ちるかにや、身の詰まっていないかにを贈ってしまう怖れがあります。

大切なお歳暮用のかにですから、おみせの人との関係を大切にして下さい。お買い得品の代名詞となることの多い「所以あり品」は、賢い主婦に大人気のものが数多くネットなどで出品されています。中でもかに通販の所以あり品とは、いかにも怪しい感じがして買う気にならないのですが、どうして定価で販売できない商品になってしまったのか、そこが、業者の誠意を推し量る上で大変役立つと思います。おみせによって基準もバラバラですが、あくまでも生鮮食品ですから、鮮度が極端に落ちているとか、味に問題があるようなものは出回りません。

j43yer (13)
でも、大きさに関してが最もよく見られる例で、基準と考えられるサイズを大きく超えていたり、反対に小指すぎたりというもので、サイズなんてグラムで売れば関係ないんじゃないかとも思うのですが、沿うとばかりも言えないようで。
人間と同じで、「皆様違って皆様いい」はずなのに沿うではなく、他とのつりあいで外れるかにもあります。食べるわけでもない甲羅にほんのちょっと傷があるものなんて、所以ありで買ったら申し所以ないくらいですね。

こんな些細なことが所以あり品の原因だったなんて、王侯貴族ならともかく一介の庶民は気にもしないでしょうし、安心して購入し、思う存分かにを堪能して下さい。

セコガニは大変珍しいかにで、松葉ガニのメスのことです。松葉ガニとくらべてみれば、おおむね大きさは小さいことが多いですが、貴重な卵が味わえ身も濃厚な味とされていて、松葉ガニよりも、通好みでファンが後を絶ちません。

期間限定のかにで、11月から1月までしか水揚げされることはなく幻のかにといわれる所以です。

今までにかに通販を利用した方、かにの種類や産地を決めた後、産地でボイルしたものと、活かにとでフリーズした方も多いのは仕方ないことです。通販のかにの加工法を選ぶ余地があるなら選べるなら、何といっても活かにです。
よほど調理法を間違わない限り、活かにの方が新鮮で美味しい、と考えるのが妥当です。

かにを茹でるときも、ちょっとしたコツがあります。一番目のポイントは、うっすら塩ゆでです。
塩の入れすぎは逆効果です。1%を超えない濃度という感じを保って下さい。かには丸ごと茹でる必要はなく、もう、甲羅と脚は切り離してしまいましょう。

鍋にすべて収めて下さい。すごく汚れ持ついているので、全体を洗っておくときれいな状態で食卓に乗せられます。

かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。これはワタリガニ科に分類される大型の蟹で、ガザミともいい、主に内湾を抱える地域、例えば瀬戸内海や有明海、大阪湾、伊勢湾など浅い内海に分布しており、底引き網や刺し網で漁獲されます。六角形の横長の甲羅を持つ、比較的大きなサイズの蟹であり、蟹肉や蟹ミソ、そして卵巣など、捨てるところのない美味の塊として知られており、食材としての目的で昔から多く漁獲され、日本各地に有名な漁場があります。
そのまま塩で茹でたり、蒸したりして食するのが基本的な楽しみ方です。また、味噌汁の具や、パスタにも使われる、用途の広い食材といえます。