いよいよ蟹の旬

蟹の旬がいよいよですね。

j43yer (13)
私が毎年心待ちにしている時節です。旬の蟹を食べ尽くすため、休暇をとってはるばる北海道を訪れるのが、もう十年来の習慣となっています。
蟹のオイシイおみせはたくさんありますが、中でもおきにいりは、古くからのしり合いの方が切り盛りしている、函館にある蟹専門店です。
そこでは、水揚げされたばかりの新鮮な蟹を用いた料理を、店主が腕によりをかけて作っています。もうすぐ今年もその店を訪れることができると思うと胸が躍ります。

間違った方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)で選んでしまうと残念なことに蟹の本当の良さを味わうことができません。

美味いカニを堪能するには、正しく蟹を選ぶ方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)を知っておくべきでしょう。

選び方は、タラバ蟹の場合、留意する点は重さをみることで、必要不可欠な判断基準です。

さらに、汚れのない甲羅ではなく、硬さが硬く、汚れているものを選びましょう。


かに通販のランキングサイトでも常に人気上位のタラバガニですが、トラブルにならないようにして頂戴。

j43yer (16)
もっとお安い、アブラガニというかにがいて、素人目には見分けがつかないそうです。
タラバガニを食べようと思って注文したら、アブラガニだという指摘をうけた信じられない話もありますので、値段もさることながら、業者の信頼性を確かめて頂戴。

蟹通販ではオイシイ蟹をお得に取り寄せることができます。

蟹通販にはさまざまな商品があるものの、中でも丸ごと買いが最もお得です。脚だけのポーションの詰め合わせや、いわゆる所以あり蟹が安価に買えることで有名ですが、値段は蟹の種類やサイズによりけりですので、丸ごとの商品でも脚だけのセットよりよほど安かったりします。

それに、蟹を美味しく食べようと思えば丸ごと一杯の蟹を茹でて食すのが一番いいでしょう。

この調理法なら、蟹の旨みを身に閉じ込めることができて身肉も蟹ミソも蟹本来の旨みがぎゅっと詰まってオイシイのです。
蟹にも、獲れる地域や品種によって、様々なブランドがあります。
種類ごとに味や風味は大聞く違っており、好みも人によって色々ありますから、WEB上の通販サイトなどで蟹を選ぶ際には、蟹の種類や呼び名、その特長を知っておくことが必須かも知れません。

ポピュラーな蟹の種類というと、まずタラバガニやズワイガニが挙げられるでしょう。

いずれの種類でも、大聞く新鮮な蟹を選ぶようにする人が多いようです。

今では蟹通販の業者はたくさんあります。購入の際にはあまたの業者があって迷うかも知れませんが、選び方の基準はどんなものでしょうか。

お客様のことを第一に考えている業者には、良質な蟹だけを仕入れる「目利きのプロ」がいて、この人が直接蟹の産地まで買い付けに赴いて、厳しい査定をクリアした、優良グレードの蟹だけを確実に買い付けくる体制になっています。やはり品質は何より大切ですから、それを大切にしていそうな業者を選択するのがコツだといえるでしょう。

もっとも、これは蟹に限ったことではないですね。

活かにをさばいてみましょう。
j43yer (17)
洗って汚れを落とし、30分水に浸します。

軍手が必要です。

着用したら腹の三角形部分に指を入れて取り除き、関節に切れ込みをいれてはずしやすくします。

半身は一気に外します。

甲羅と半身を持って、半身、また半身と外していきます。

胴に残った黒い部分を取り除いて、やっと現れたかに味噌を取りのけます。脚をばらばらにし、大聞ければ関節で切って、縦に切れ目を入れるか、殻を一部削いでおいたりすると、後で楽です。あとは実践あるのみです。

がんばって頂戴。蟹を入手しようとする際、選択方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)が大切になってきます。

蟹と言っても種類により、様々な選び方があるのです。ズワイ蟹を買う場合を例にとってみると腹側に重要な手掛かりがあります。

ズワイ蟹を見くらべて、腹側が白いものは選択から外して頂戴。

そして、選ぶのに重要なのはアメ色のものを選択することです。そして、いいものは甲羅が硬いです。

かには国産と外国産で、味にちがいがあるのでしょうか。
実は種類によって違うようで、タラバガニなら産地による味のちがいは認められないとなるようです。

ズワイガニは対照的です。

国産と外国産ははっきり味が異なるというのが常識になっています。国内でもズワイガニは産地の名がブランドになるわけで、他のブランドと違う味を持っており、そのあたりを考慮すると、外国産は全く別の味だと思うべきでしょう。
通販によって蟹はますますポピュラーになってきました。
最近人気の種類としてよく名前がきかれるのが、花咲蟹です。茹でたときの赤色が花が咲いたように見えるからという由来もある花咲蟹は、全国のなかでも北海道の東部、根室や釧路でのみ獲れる珍しい蟹であり、味の系統としては高級感があり、通に愛される蟹だといえます。

花咲蟹の身肉は引き締まっていますが、意外なほどの柔らかさもあり、身のボリュームも多い、大型の蟹です。

花咲蟹が最もオイシイ時期は、夏から秋にかけてといわれ、7~9月頃の限られた漁期にしか水揚げされない貴重な蟹です。